メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
わが街の学芸員

/4 市川考古博物館 縄文ロマン、外環が一役 /千葉

市川考古博物館に展示されているコククジラの骨(一部復元)と学芸員の領塚正浩さん

コククジラ地層、工事で出現

 2012年4月、建設中の東京外環自動車道(外環道)の工事現場に、市川市立市川考古博物館の学芸員、領塚正浩さん(54)は足を運んだ。

 大量の貝を含んだ地層の断面が、幅約20メートルにわたり目の前に広がる。同館で展示されている「コククジラ」の骨が発見されたのと同じ「市川貝層」。「現場に着くとわっと目に入ってきて、感動したね」

 コククジラの骨は1958年、同市平田の工事現場で発掘された。年代測定で、約5000年前の縄文時代の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです