ぬいぐるみお泊まり会

スタッフが撮影、想像力育み本に興味を 江戸川の図書館 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ぬいぐるみを受け取り、写真を見る男の子=江戸川区の篠崎子ども図書館で
ぬいぐるみを受け取り、写真を見る男の子=江戸川区の篠崎子ども図書館で

 江戸川区の篠崎子ども図書館(篠崎町3)で1日夜、ちょっと変わった「お泊まり会」があった。子どもたちの想像力を育み、本や図書館に興味を持ってもらうため、お気に入りのぬいぐるみを図書館が一晩預かるイベントだ。米国で始まったとされ、近年は都内でも実施する図書館が増えているという。

 子どもからぬいぐるみを受け取った職員は、閉館後の図書館でぬいぐるみが絵本を読んだり、スタッフしか入れない閉架書庫にいたりする様子を撮影する。一夜明け、ぬいぐるみを迎えに来た子…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集