メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求

上半期被害、前年同期比2.6倍 電子マネーが急増 /東京

 有料サイトの利用料などを名目に金をだまし取る架空請求の都内の認知件数が、今年上半期(1~6月)に307件となり、前年同期(119件)の約2・6倍となったことが、警視庁のまとめで分かった。中でも電子マネーを詐取する手口が急増しており、同庁が注意を呼びかけている。

 同庁によると、上半期に都内で確認された架空請求の被害額は6億4882万円。前年同期の4億1262万円に比べて大幅に増えた。約半数が「有料サイトの利用料」の支払いを求めるものだった。

 上半期で目立ったのが、架空請求する料金の支払いに電子マネーを要求する手口だ。コンビニで売られている…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです