メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求

上半期被害、前年同期比2.6倍 電子マネーが急増 /東京

 有料サイトの利用料などを名目に金をだまし取る架空請求の都内の認知件数が、今年上半期(1~6月)に307件となり、前年同期(119件)の約2・6倍となったことが、警視庁のまとめで分かった。中でも電子マネーを詐取する手口が急増しており、同庁が注意を呼びかけている。

 同庁によると、上半期に都内で確認された架空請求の被害額は6億4882万円。前年同期の4億1262万円に比べて大幅に増えた。約半数が「有料サイトの利用料」の支払いを求めるものだった。

 上半期で目立ったのが、架空請求する料金の支払いに電子マネーを要求する手口だ。コンビニで売られている…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文589文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  3. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  4. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです