富士登山ルート

誤認の恐れ 落書き「矢印」 あすから除去作業 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富士山須走口(静岡県小山町)の本7合目の山小屋「見晴館」付近で、本来の登山ルートとは違う方向を示す矢印の落書きが見つかった問題で、山梨、静岡の両県などは合同で7~9日に溶剤を使った除去作業を実施する。

 矢印の示す方向は足場が悪く、滑落などの重大事故につながる恐れがある。このため、両県は登山者の増加…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

注目の特集