メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Fメール

性犯罪110年ぶり刑法改正=福岡ともみさん /兵庫

 性犯罪に関わる改正刑法が7月13日、施行されました。明治以来約110年ぶりの大幅な改正です。被害当事者をはじめ尽力されたみなさんに心から敬意を表します。ニュースを聞いて「生きているうちに実現できたんだ、一山越えたなぁ」と感無量になりました。

 「NPO法人性暴力被害者支援センター・ひょうご」で事務局長をしている私が、暴力被害女性の支援に関わるようになったきっかけは、1995年に沖縄で起きた少女強姦事件でした。「私みたいなことがもう起こらぬよう」と少女が現場検証に出向いたという毎日新聞の記事を読み、いてもたってもいられなくなり友人たちと沖縄へ。強姦救援センター・沖縄REICOを立ち上げた女性たちに会いに行きました。私と友人たちの経験した、いつまでも自分にまとわりつく、じわっと怖くて自己嫌悪の出来事に名前がついたのもこの頃です。被害直後に誰かに話すなんて思いもつかなかった私たち。失われた時間を取り戻すように語り合い、泣いて笑って「あんたはわるない」と何度も言い合ってきました。そうして、まと…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1123文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです