民進党代表選

保守VSリベラル 前原氏、加憲で自衛隊明記 枝野氏、9条改憲に否定的

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党代表選の主な争点
民進党代表選の主な争点

 21日告示・9月1日投開票の民進党代表選は、前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)が一騎打ちの様相だ。憲法改正や野党共闘、消費増税などを巡り、保守系の前原氏と、リベラル系から支援を受ける枝野氏の主張は対照的。「分かりやすい」と歓迎する声もあるが、代表選後にしこりを残せば党内の亀裂が決定的になりかねず、野党第1党の正念場は続きそうだ。【笈田直樹、影山哲也】

 「自衛隊を明記するだけで何も変わらない、というのは安倍政権お得意の印象操作だ」。党憲法調査会長の枝野氏は5日、地元のさいたま市で開いた党員・サポーター向けの「憲法草の根集会」で訴えた。この日は全国で開く党の集会の第1弾。弁護士出身で、自民党憲法族との接触も多い枝野氏は、改憲は否定しないが、安倍晋三首相が目指す9条改憲には否定的だ。

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1599文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集