メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

道徳の教科化に思う=中島京子・作家

=内藤絵美撮影

 少し前から、「道徳」の教科化が話題になっている。2018年度から小学校で、19年度から中学校で実施されるそうだ。何をどう教えるのか、いまひとつ不明確で、賛否両論あるようだけれども、いま、自分たちを取り巻く社会の様相を見ていると、「不道徳」という言葉が浮かんでこないでもない。小学校や中学校で「道徳」を教えると、こうした「不道徳」は正されるのだろうか。

 義務教育で「道徳」を教科化することになった背景には、「いじめ対策」があるのだという記事をいくつか読んだ。子どもたちの間の「いじめ」は深刻だ。自殺者も出ている。ぜひとも「いじめはいけない」と、子どもたちに教えてほしいと、わたしも考える。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです