メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 AI「Zen」 世界戦に初参加 誤認識で2回戦敗退

パソコンの画面を見ながら申旻〓五段(右)との対局に臨む、Zenチーム代表の加藤英樹さん(左)=日本棋院提供

 <第3回夢百合杯世界オープン戦本戦 DeepZenGo特選譜>

 主要世界棋戦の一つである「第3回夢百合杯世界オープン戦」の本戦(64人)が6月中旬、中国・北京の中国棋院で開幕、1、2回戦が打たれた。日本からは高尾紳路名人、河野臨九段、余正麒七段の3人と推薦のワイルドカード枠として、日本発の人工知能(AI)囲碁ソフト「DeepZenGo」が参加。余を除く3者は1回戦を突破したが、2回戦で全員が敗退し、日本勢は16強に残ることができなかった。

 今回、何といっても注目を集めたのはZenの参戦だ。これまで人間とAIの対局は何度か行われてきたが、…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです