メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 AI「Zen」 世界戦に初参加 誤認識で2回戦敗退

パソコンの画面を見ながら申旻〓五段(右)との対局に臨む、Zenチーム代表の加藤英樹さん(左)=日本棋院提供

 <第3回夢百合杯世界オープン戦本戦 DeepZenGo特選譜>

 主要世界棋戦の一つである「第3回夢百合杯世界オープン戦」の本戦(64人)が6月中旬、中国・北京の中国棋院で開幕、1、2回戦が打たれた。日本からは高尾紳路名人、河野臨九段、余正麒七段の3人と推薦のワイルドカード枠として、日本発の人工知能(AI)囲碁ソフト「DeepZenGo」が参加。余を除く3者は1回戦を突破したが、2回戦で全員が敗退し、日本勢は16強に残ることができなかった。

 今回、何といっても注目を集めたのはZenの参戦だ。これまで人間とAIの対局は何度か行われてきたが、…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1304文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  3. 小比類巻かほる 「Anison Days」で「シティーハンター」OP披露 「ルパン三世」も
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 富山の教諭 部活指導で過労死認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]