メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『自分とは違った人たちとどう向き合うか 難民問題から考える』=ジグムント・バウマン著

 (青土社・1944円)

原理的な道徳の課題として

 二〇一五年九月、トルコのある海岸に流れ着いた幼児の遺体の写真が、世界を駆け巡った。避難先のトルコからさらにギリシャに密航しようとしたクルド系シリア人一家の乗った船が転覆し、犠牲となったのだった。ここで取り上げる本の著者、バウマンによればこういった映像は人々に「祝祭的な連帯や共感」を呼び起こすのだが、その期間はごく短い。実際、西欧ではその後、イスラム教過激派によるものと思われるテロ事件があい次いで起こり、押し寄せる膨大なシリア難民を背景に、移民排斥を掲げる右翼勢力がより広範な大衆から支持を受けるようになった。

 移民という現象は、最近に始まったことではなく、人類は太古の時代から移動を繰り返してきたとも言えるが…

この記事は有料記事です。

残り1693文字(全文2024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです