メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

爆心地 川口隆行・選

 <1>原爆詩集(峠三吉著/岩波文庫/518円)

 <2>この世界の片隅で(山代巴編/岩波新書/886円)

 <3>谷間 再びルイへ。(林京子著/講談社文芸文庫/1728円)

 「爆心地の話をつたえてくれる人は、いません」(丸木位里・赤松俊子『ピカドン』)。72年前の広島、長崎の夏。惨劇のもっとも中心にいた人たちは語ることさえ許されなかった。では、生き残った者たちや直接体験しなかった者たちは、どのように「爆心地」の経験と向き合い、受けとめればいいのか? 体験の有無に限らず、それとの距離を推しはかるように生きてきた戦後日本という時代。小説や詩、ルポルタージュといった文学は、集合的記憶としての被爆体験を考え、引き受けるうえで、いまなお有効なジャンルである。

 今年は峠三吉生誕100年。「ちちをかえせ ははをかえせ」(「序」)で有名な『原爆詩集』は、「原爆詩…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです