メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近視

屋外活動で進行予防

 太陽光の一部である「バイオレット光」が近視の進行を抑える可能性のあることが、鳥居秀成・慶応大医学部助教(眼科学)らのチームの研究で分かった。子どもの近視の原因として、スマートフォンの使用など目の酷使が指摘されているが、屋外で過ごす時間の減少も影響を与えている恐れがあるという。

 バイオレット光は、紫外線に近い波長360~400ナノメートル(ナノは10億分の1)の可視光。調査は、バイオレット光を低透過するコンタクトレンズを使う31人(平均年齢14歳)と、高透過のコンタクトレンズを使用する116人(同15歳)を対…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです