メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近視

屋外活動で進行予防

 太陽光の一部である「バイオレット光」が近視の進行を抑える可能性のあることが、鳥居秀成・慶応大医学部助教(眼科学)らのチームの研究で分かった。子どもの近視の原因として、スマートフォンの使用など目の酷使が指摘されているが、屋外で過ごす時間の減少も影響を与えている恐れがあるという。

 バイオレット光は、紫外線に近い波長360~400ナノメートル(ナノは10億分の1)の可視光。調査は、バイオレット光を低透過するコンタクトレンズを使う31人(平均年齢14歳)と、高透過のコンタクトレンズを使用する116人(同15歳)を対…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  2. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
  3. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表
  4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
  5. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]