メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近視

屋外活動で進行予防

 太陽光の一部である「バイオレット光」が近視の進行を抑える可能性のあることが、鳥居秀成・慶応大医学部助教(眼科学)らのチームの研究で分かった。子どもの近視の原因として、スマートフォンの使用など目の酷使が指摘されているが、屋外で過ごす時間の減少も影響を与えている恐れがあるという。

 バイオレット光は、紫外線に近い波長360~400ナノメートル(ナノは10億分の1)の可視光。調査は、バイオレット光を低透過するコンタクトレンズを使う31人(平均年齢14歳)と、高透過のコンタクトレンズを使用する116人(同15歳)を対…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  5. 文化審議会 世界遺産候補に北海道・北東北の縄文遺跡群

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]