メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

日いずる国、成長株 男子100

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権が4日、ロンドン競技場で開幕。男子100メートル予選でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関学大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人がそろって5日夜(日本時間6日未明)の準決勝に進出した。この種目で日本勢3人が同時に準決勝に進むのは五輪、世界選手権を通じて初めて。今大会限りでの現役引退を表明しているウサイン・ボルト(ジャマイカ)も10秒07で準決勝に進んだ。決勝は5日午後9時45分(日本時間6日午前5時45分)に行われる。

 男子1万メートルはモハメド・ファラー(英国)が今季世界最高記録の26分49秒51で3連覇を飾った。

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです