メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挿絵版画展

『水はみどろの宮』の世界 石牟礼道子氏への思い熱く 復刊に尽力、挿絵も

 <日曜カルチャー>

 6月に郷里の北九州市にUターンしたイラストレーター・絵本作家、山福朱実の挿絵版画展「水はみどろの宮」が、北九州市八幡東区東鉄町のアートスペース「オペレーションテーブル」で16日まで開かれている。木版画と紙版画の原画約50点を展示している。

 『水はみどろの宮』は作家、石牟礼道子さん(熊本市在住)が1997年に発表したファンタジー。2016年、山福の挿絵が入り、子どもも楽しめる文庫本として復刊した。

 山福は北九州市若松区で生まれ育った。高校卒業後、舞台俳優を目指して上京したが、「演劇とは違う表現に…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1051文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]