メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挿絵版画展

『水はみどろの宮』の世界 石牟礼道子氏への思い熱く 復刊に尽力、挿絵も

 <日曜カルチャー>

 6月に郷里の北九州市にUターンしたイラストレーター・絵本作家、山福朱実の挿絵版画展「水はみどろの宮」が、北九州市八幡東区東鉄町のアートスペース「オペレーションテーブル」で16日まで開かれている。木版画と紙版画の原画約50点を展示している。

 『水はみどろの宮』は作家、石牟礼道子さん(熊本市在住)が1997年に発表したファンタジー。2016年、山福の挿絵が入り、子どもも楽しめる文庫本として復刊した。

 山福は北九州市若松区で生まれ育った。高校卒業後、舞台俳優を目指して上京したが、「演劇とは違う表現に…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1051文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 自民・加藤氏 出産呼び掛け発言「全国から賛同あった」
  5. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]