メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

カジノで経済活性化? 粉飾しても博打は博打

=松尾貴史さん作

 日本に「カジノ」を造ろうという案が、にわかに現実味を帯びてきた感じがする。経済振興のために必要だという主張が相当以前からあったが、この話を進めようという動きが近年強まっている。

 最初に大きな話題となったのは1999年に石原慎太郎氏が東京都知事になった頃合いだっただろうか。彼がなぜか熱心に推進しようとしていたことをよく覚えている。2002年には、石原知事が音頭をとって、都庁内の高層階でマスコミ関係者や国会議員を集めて大掛かりなデモンストレーションを行った。そこで催されたシンポジウムに、石原氏と昵懇(じっこん)だった放送作家でラジオパーソナリティーのはかま満緒さんや、なぜか私が指名されて参加をした。

 その中でも言ったが、私はカジノ導入に条件付きの賛成派だった。反社会的勢力の温床だったラスベガスが健…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです