メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GetNavi

勝手にお金が貯まる人の“ちょっとした習慣”とは?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

独身の頃は、宝くじをよく買っていた。バラで10枚。

20170803_suzuki_2

これでお金持ちになれるかも! もし当たってたら誰にも言わないようにしよう! などと妄想しながら、当選番号を確認していたものだ。お察しの通り、大金が当たったことは一度もない。

 

出産して以来、めっきり宝くじともご無沙汰だ。だって三千円あれば、子どもたちの服が買えるし靴だって一人分は買える。子育てにはお金がかかる。ましてやわが家は3人いるわけで、一攫千金を夢見るよりも、確実にお金を増やしていくことのほうが大切だと気づいたからである。

 

500円玉貯金、定期預金、お財布フリフリ……いろいろ試してみた

どうしたら、お金が増やせるだろう? かつては、500円玉貯金をやっていた。

 

財布の中に500円玉ができたら、すぐに貯金箱へ。買い物するときも、500円玉をお釣りでもらえるように計算して支払う。これが結構楽しいし、気づけば数万円単位で貯まっている。

 

ただし、当たり前だが、貯金した分のお金が財布から出ていっているわけで、500円玉貯金のペースが速いほど、残金もハイペースで少なくなっていく。月によっては、懐が痛むこともある。そんなわけで、最近はちょっと休憩中だ。

 

キャンペーンの時期を見ながら円定期や仕組預金などにもチャレンジしている。ボーナス時期などマメにチェックしていると、たまに良い情報に巡りあえたりする。

 

それから、満月の夜に財布を空にし、月に向かって財布を振る「お財布フリフリ」。これは、定期的に財布の中身をチェックして、要らないレシート等は処分するなど整理整頓できる意味で、とても有効だ。今いくら入っているかを常に確認できるし、お金の情報に敏感になるので、結果的に金運がアップしたと感じることが多い。

 

とまあ、いろいろ試してはいるのだが、もっと他にお金が貯まる方法はないだろうか。

 

習慣ひとつで、お金が舞い込む人生に!

先日、佐藤伝さんの『たった1分でできて、一生が変わる!魔法の習慣』(学研プラス・刊)を読んだ。ほんの小さな、シンプルな習慣だが、間違いなく人生が変わっていく!という魔法の習慣が49紹介されている。

 

どれも「なるほど!」と膝を打つものばかりだが、中でも「第3章:人生が豊かになる『お金の習慣』」が非常に興味深い。

 

その中から、私がすぐに試したいと思った3つの習慣をご紹介したい。

 

・「貯金専用通帳」を常に持ち歩く

自分の行動範囲の中でATMの数が多い銀行に、新規で口座を開設する。キャッシュカードは作らない。この通帳からはお金は引き出さないので、通帳だけでOK。そして、通帳を常に持ち歩き、その銀行のATMを見たらすぐに飛び込み、手持ちの小銭を貯金していくというもの。たとえ100円だって、印字された記録を見ていけば必ず残高が増えているのだ。貯金を習慣化させることこそ、お金が貯まる秘訣である。

 

・「1万円札を先頭」に持ってくる

財布の中のお札を千円札から順に並べている人は、「金運が弱い人」だと佐藤氏。千円札を一番手前に置いているということは、「私はいつも千円札を使う人」と潜在意識の中で宣言しているも同然なのだそう。そこで、1万円札を手前に持ってきて「1万円札が似合う人」とセルフイメージを変えることで、金運アップに繋がる。

 

・「稼ぐ」「貯める」「使う」のバランスを取る

お金には「稼ぐ」「貯める」「使う」の3つの顔があり、このバランスがうまく取れていることが大切だと佐藤氏は述べる。3つの要素が同じくらいの大きさになっていると、無理なくお金が循環していき、その流れは次第に大きくなっていくのだそう。

 

使うことに恐怖心がある人は、もっと明るい気持ちで使ってみる。

稼ぐのがうまくいかない人は、ワクワク気分で仕事をしてみる。

貯金が少ない人は、小銭からでもいいから貯める習慣をスタートさせる。

苦手なエリアを強化して、3つのバランスをとっていきましょう。苦手エリアにこそ、自分の直すべきクセが表れているのです。

(『たった1分でできて、一生が変わる!魔法の習慣』より引用)

 

お金と真摯に向き合えば、自然に貯まっていく!

ただ単に「貯めたい!」と思っているだけではダメなのだな。必要なところには、惜しみなく出費する。お金に縁がある人は、常にお金への感謝を忘れず、使うときは気持ちよく使うからこそ、また手元に戻ってきてくれるのだと口をすっぱくして教えてくれる。人生とは切っても切れない存在であるからこそ、うまく付きあっていかなくては。

 

よし、まずは財布の中身を1万円札から並び替えて、◯◯銀行の預金通帳を作ってこよう!

 

(文・水谷 花楓)

 

【文献紹介】

20170803_suzuki_1

たった1分でできて、一生が変わる!魔法の習慣
著者:佐藤 伝
出版社:学研プラス

習慣が変われば、人生が変わる!【習慣の専門家】として国内75万部を突破する著者が、伝説のセミナーのエッセンスを公開。幸せにラクラク夢を叶えてしまう人の「魔法の習慣」49がぎっしり詰まった珠玉の1冊!毎日の行動習慣の羅針盤として、必携です。

Kindleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
iBooksで詳しく見る
BookBeyondで詳しく見る
BookLive!で詳しく見る
hontoで詳しく見る
紀伊國屋書店ウェブストアで詳しく見る

【関連記事】
仕事は大好き! だけど生き甲斐にしてはいけない
仏大統領に学ぶ! いい男は“鞄”と“靴”にこだわるべし
夏休みの悩みのタネが楽しい思い出に変身! 『学研キッズネット』は自由研究の アイデアデータベースだ!
自動的に国籍が変わるケースも! 国際結婚してわかった「日本人同士の結婚との相違点」5選
「あと3年も待てない!」人はパナソニックセンター東京へGo! 遊んで学べるオリンピック仕様に大変貌

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです