民進党

代表選、保守VSリベラル 前原氏と枝野氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党代表選の主な争点
民進党代表選の主な争点

 21日告示・9月1日投開票の民進党代表選は、前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)が一騎打ちの様相だ。憲法改正へのスタンスや野党共闘、消費増税などを巡り、保守系の前原氏とリベラル系から支援を受ける枝野氏の主張は対照的。「非常に分かりやすい」(赤松広隆元農相)と歓迎する声の一方、代表選後にしこりを残せば党内の亀裂が決定的になりかねない懸念もあり、野党第1党の正念場は続きそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1637文字)

あわせて読みたい

ニュース特集