メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米政権

リーク報道「国家の脅威」 取り締まり強化

情報漏えいに関する訴追の強化方針を表明するセッションズ米司法長官(中央)=米司法省で2017年8月4日、ロイター

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は4日、機密情報の漏えいに基づく報道が相次ぎ「国家の安全」を脅かしているとして関係者の訴追などの対策を強化する方針を示した。メディア側は、ロシアと政権の癒着疑惑の報道を阻止する圧力と見て猛反発。トランプ大統領ら取り締まる側の機密取り扱い意識の低さも指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです