メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風5号

6日昼過ぎ、九州南部上陸の恐れ

6日午前0時現在

 強い台風5号は5日、屋久島(鹿児島県)の南の海上を勢力を維持したまま北上した。6日昼過ぎに九州南部に上陸する恐れがある。強風で転倒するなどして同県内で2人が死亡し、1人が重傷。奄美大島では5日午前、1時間に149ミリを観測し50年に1度の記録的豪雨となった。台風の動きが遅いため影響が長引く恐れがあり気象庁が警戒を呼びかけている。

     鹿児島県では屋久島町で4日に強風にあおられて転倒し意識不明だった男性(67)が5日に死亡。南種子(みなみたね)町で同日、港に船を見に来たとみられる漁業、中村克之さん(84)が海に浮いているのが見つかり死亡が確認された。

     気象庁によると、台風5号は6日午前0時現在、屋久島の南西約30キロを北東にゆっくり進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。最大瞬間風速は50メートル。7日午前0時までの24時間雨量は多いところで九州南部600ミリ、九州北部400ミリを予想している。

     奄美地方の瀬戸内町は町全域の5239世帯9039人に避難指示を出し、鹿児島県内で約2万9000世帯、約5万4000人(5日午後9時現在)に避難勧告が出た。

     一方、台風の影響で九州北部ではフェーン現象が起き、福岡県糸島市前原で観測史上最高の38.9度を記録した。【西嶋正法、杣谷健太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
    3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. いのちのほとりで /4 ひとり暮らしの突然死 特殊清掃の現場を訪ねた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]