メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風5号

7日には四国、中国に接近、上陸の見通し

 強い台風5号は5日、鹿児島県・奄美地方に接近し、大雨を降らせた。今後は北寄りに進み、強い勢力を保ったまま6日朝に九州南部に接近、昼ごろに上陸する恐れがある。7日には四国や中国に接近、上陸する見通しで、近畿や東海などでも大雨になる可能性がある。

     気象庁によると、台風5号は5日午後9時現在、屋久島の西南西約40キロの海上にあり、ほとんど停滞している。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。奄美大島などでは5日、「50年に1度の記録的な大雨」(気象庁)が降った。

     鹿児島県では屋久島町で4日に強風にあおられて転倒し意識不明だった男性(67)が死亡。南種子(みなみたね)町で港に船を見に来たとみられる男性(84)が、心肺停止状態で海に浮いているのが見つかった。

     7日午前0時までの24時間予想雨量は多いところで、九州南部600ミリ▽九州北部、奄美400ミリ▽四国300ミリ。その後の24時間雨量は、四国、近畿、東海400~600ミリ▽九州北部、中国200~300ミリ。6日にかけて予想される最大風速は、九州南部・奄美で35メートル、九州北部で25メートル、四国で23メートル。【金森崇之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    2. 選抜高校野球 21世紀枠46候補校出そろう
    3. 選抜高校野球 21世紀枠の選考基準とは 
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 動物 猫カフェに子猫3匹置き去り 福井

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]