メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風5号

九州豪雨の被災地も緊張 避難所新たに開設へ

台風による記録的な大雨で冠水した国道58号=鹿児島県奄美市で2017年8月5日午後4時7分、神田和明撮影

 強い台風5号の強風域に入った鹿児島県・奄美地方は5日、豪雨に見舞われ土砂崩れや浸水などの被害が出た。台風は6日昼過ぎに九州南部に上陸する恐れがあり、九州北部豪雨の被災地も警戒を強めている。

 奄美地方では道路の冠水などが相次ぎ、島南部の瀬戸内町では、土砂崩れによる通行止めで6集落が孤立した。奄美市でも市道沿いの高さ60メートル、幅30メートルの崖が崩れたため2集落計113世帯178人が孤立した。

 奄美市名瀬の国道58号では冠水による交通規制を実施し、地元の消防団員らが通行車両を誘導するなどしていた。近くの住民は「早く台風が去ってくれれば」とうんざりした様子で話した。

 九州北部豪雨被災地の福岡県朝倉市杷木星丸の和田稲実(いなみ)さん(75)は台風による2次災害を防ごうと、豪雨で崖崩れが起きた自宅裏の斜面をブルーシートで覆った。

 2枚のブルーシートを数日前に妻とともに2時間以上かけて取り付けた。和田さんは「山肌が出ているので台風でどうなるのか。すぐ通り過ぎてくれればいいが、数日降り続ければ1カ月前と同じようになるのではないか」と不安を口にした。

 朝倉市は台風接近に備え住民に食料や日用品を確保してすぐに避難できる態勢を整えるよう防災行政無線で呼びかけた。夜間の避難は危険として6日の日中に避難情報を出す方針で、避難所も新たに5カ所を開設する。【神田和明、山下俊輔、中村清雅】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
  2. 選抜高校野球 21世紀枠46候補校出そろう
  3. 選抜高校野球 21世紀枠の選考基準とは 
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 動物 猫カフェに子猫3匹置き去り 福井

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]