将棋

藤井四段が春日井市で公開対局 子供向けイベントで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
都成竜馬四段に公開対局で敗れ、振り返る藤井聡太四段=愛知県春日井市で2017年8月5日、木葉健二撮影
都成竜馬四段に公開対局で敗れ、振り返る藤井聡太四段=愛知県春日井市で2017年8月5日、木葉健二撮影

 最年少プロ棋士で愛知県瀬戸市出身の藤井聡太四段(15)が5日、同県春日井市で開かれた子供向けの将棋イベントに参加し、都成竜馬四段(27)と公開対局した。親子約420人が見守ったが、敗れた。

 人気沸騰で多忙な藤井四段は最近、日本将棋連盟の指導で、公式戦以外の催しへの出席を自粛しており、今回は極めて異例という。

 イベントのあった同市中央台の東部市民センターの舞台上で対局し、プロ棋士が大盤解説した。藤井四段は投了後、「熱戦にしたかったけど、形勢を崩してしまい、完敗でした」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集