メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井四段が春日井市で公開対局 子供向けイベントで

都成竜馬四段に公開対局で敗れ、振り返る藤井聡太四段=愛知県春日井市で2017年8月5日、木葉健二撮影

 最年少プロ棋士で愛知県瀬戸市出身の藤井聡太四段(15)が5日、同県春日井市で開かれた子供向けの将棋イベントに参加し、都成竜馬四段(27)と公開対局した。親子約420人が見守ったが、敗れた。

     人気沸騰で多忙な藤井四段は最近、日本将棋連盟の指導で、公式戦以外の催しへの出席を自粛しており、今回は極めて異例という。

     イベントのあった同市中央台の東部市民センターの舞台上で対局し、プロ棋士が大盤解説した。藤井四段は投了後、「熱戦にしたかったけど、形勢を崩してしまい、完敗でした」と振り返った。

     観戦した春日井市立岩成台小6年、浜林大さん(11)は「生で見た藤井四段は優しいお兄さんみたい。僕も将棋を始めたので頑張りたい」と話した。

     イベントは、藤井四段と同門で、春日井市の広報大使を務める室田伊緒女流二段(28)が企画した。3月に出席を打診した当時、藤井四段は日程が詰まっておらず、出席が決まったという。【花井武人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    2. 選抜高校野球 21世紀枠46候補校出そろう
    3. 選抜高校野球 21世紀枠の選考基準とは 
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 動物 猫カフェに子猫3匹置き去り 福井

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]