メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

核のない世界に前進すべき…市長が平和宣言

原爆慰霊碑に手を合わせる人たち=広島市中区の平和記念公園で2017年8月6日午前6時12分、久保玲撮影

 広島は6日、米軍が原爆を投下してから72回目の「原爆の日」を迎えた。広島市の松井一実市長は平和記念公園(同市中区)で開いた平和記念式典の平和宣言で7月に国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、各国が「核兵器のない世界」に向け前進すべきだと強調。条約不参加の日本政府には核保有国と非核保有国の橋渡しに本気で取り組むよう求めたが、安倍晋三首相はあいさつで同条約には触れなかった。

 午前8時から始まった式典には多くの被爆者や遺族が集まり、海外からは過去3番目に多い約80カ国の駐日大使らと欧州連合(EU)代表部が出席。核保有5大国では米英仏露が参加した。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです