メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

「悔しい」北川、400で準決勝進出ならず

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第2日の5日、男子400メートル予選が行われ、北川貴理(順大)が47秒35で6組6着となり準決勝進出を逃した。

 「どれだけ勝負できるか楽しみ」と挑んだ念願の舞台で、20歳の北川は世界の壁の高さを知った。

 前半から流れに乗れず、第2コーナーに入る手前に内側のレーンの2人に追いつかれる。後半は他選手との差が広がるばかりで、トップから2秒44差の惨敗。「いつもの後半の伸びが無かった。いい形で終われず悔しい」とうなだれた。

 2015年世界選手権と16年リオデジャネイロ五輪は1600メートルリレーで出場したが、個人種目の出…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです