メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄稿

各国の現代的価値観反映 東南アジアの民話と映画=平松秀樹(京都大連携准教授)

タイ版の「12人姉妹」、『プラロットとメーリー』の映像ソフトのジャケット。姉妹たち(前方)と女夜叉が描かれている

 2017年6月30日、東京都新宿区の国際交流基金アジアセンターで「女夜叉(やしゃ)と空駆ける馬 『12人姉妹』が映す東南アジアの風土・王・民」と題するシンポジウムおよび映画上映会が行われた。ラオス、カンボジア、タイなどに広く伝わる民話「12人姉妹」を題材に、国や時代ごとの特徴や変遷の様子が語り合われ、2本の映画が参考上映された。

 「12人姉妹」は、子沢山(こだくさん)ゆえ貧乏になってしまった長者によって森に捨てられた、12人の…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1530文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです