LRT

宇都宮市計画 講演で理念との違い指摘 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇都宮市などが導入を進める次世代型路面電車(LRT)事業計画の見直しを求める市民団体「宇都宮市のLRT問題連絡会」が6日、同市の県弁護士会館で総会と講演会を開催した。

 講演では、弁護士の須藤博・同会共同代表が「宇都宮市のLRT計画とネットワーク型コンパクトシティ構想」と題し、現計画と理念の食い違い…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

あわせて読みたい

ニュース特集