メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

山梨・早川 茂倉うり 伝統の夏野菜、みずみずしく 高齢化で減産、担い手守れ /東京

茂倉うりを収穫する深沢さん=山梨県早川町茂倉で

 南アルプスに囲まれた山梨県早川町の茂倉地域で、伝統野菜「茂倉(もくら)うり」が収穫期を迎えている。ずんぐりとした実をつけ、みずみずしく甘みがある。一帯の寒暖の差が大きい気候でしか育たないとされるが、担い手の高齢化で生産量は減っている。伝統の夏野菜を守るため栽培を続けている深沢礼子さん(68)を訪ねた。【滝川大貴】

 茂倉うりはキュウリに似ているが、2回りほど太くてごつごつしている。水分が豊かで、のどごしも心地良い…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1184文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです