ぼんぼり祭

光の帯、幻想的に 鎌倉・鶴岡八幡宮 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ぼんぼりの淡い光(手前左右)で彩られた鶴岡八幡宮の境内。中央は舞殿、奥が本宮=鎌倉市雪ノ下で
ぼんぼりの淡い光(手前左右)で彩られた鶴岡八幡宮の境内。中央は舞殿、奥が本宮=鎌倉市雪ノ下で

 立秋を翌日に控えた6日、鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で恒例の「ぼんぼり祭」が始まった。同日夕、境内に飾られた約400基のぼんぼりに明かりが入ると、参道「段葛(だんかずら)」の灯籠(とうろう)と連なる光の帯が浮かび上がった。

 同祭は1938年に始まり、今回は79回目。歌舞伎役者の中村吉右衛門さんら鎌倉ゆ…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

あわせて読みたい

注目の特集