特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島原爆の日

核廃絶、5カ国語で訴え 金沢で署名活動 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
核兵器廃絶を訴える署名をするフランス人観光客たち(右の2人)=金沢市の近江町市場前で、久木田照子撮影
核兵器廃絶を訴える署名をするフランス人観光客たち(右の2人)=金沢市の近江町市場前で、久木田照子撮影

 広島に原爆が投下されてから72回目の「原爆の日」となった6日、金沢市などの女性ら約20人が核兵器廃絶を訴える署名活動を同市の近江町市場前で行った。被爆直後の街や負傷者の写真や、被爆者が当時の様子を描いた絵のパネルも展示し、被害の実態を伝えた。

 今年で3回目。近江町市場には外国人観光客も多く訪れるた…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集