特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島原爆の日

風船に平和の願い 原爆犠牲者慰霊法要 大津・三井寺 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
核兵器廃絶などを願い、空に風船を放つ参加者ら=大津市園城寺町の三井寺で、衛藤達生撮影
核兵器廃絶などを願い、空に風船を放つ参加者ら=大津市園城寺町の三井寺で、衛藤達生撮影

 広島への原爆投下から72年目の6日、大津市園城寺町の三井寺で「原爆犠牲者慰霊・世界平和祈願法要」が営まれた。僧侶や地域住民ら約100人が、世界平和を祈り、風船約1500個を空に放った。

 広島市中区の平和記念公園で開かれた平和記念式典を伝えるラジオ放送に合わせ、原爆投下時刻の午前8時15分、参拝者たちは手を合わせ、…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集