特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島原爆の日

「長崎の鐘」誓い新たに 相生で平和式典「戦争語り継ぐ」 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平和を祈り、長崎の鐘を鳴らす市民ら=兵庫県相生市役所前で、小泉邦夫撮影
平和を祈り、長崎の鐘を鳴らす市民ら=兵庫県相生市役所前で、小泉邦夫撮影

 広島に原爆が投下されてから72年となる6日、相生市では平和祈念式典があり、市民らが市役所前に設置されている「長崎の鐘」を鳴らして平和への誓いを新たにした。

 長崎市の平和公園にある「平和の鐘」の複製で、ペーロン交流都市提携を記念し、2002年に贈られた。毎年8月の原爆の日(広島6日、長崎9日)と終戦記念日(15日)に市民らが鐘を鳴らして戦争犠牲者…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集