メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

72年に思う 核廃絶へ語り継ぐ /広島

原爆慰霊碑に向かって手を合わせる子どもたち=広島市中区で2017年8月6日午前6時、山田尚弘撮影

 6日、広島は72回目の原爆の日を迎えた。米軍が投下した1発の爆弾は、一瞬で大勢の命や生活を奪い、生き残った人たちは今も後遺症に苦しむ。被爆者の悲願だった核兵器禁止条約は今年7月に採択されたが、核保有国だけでなく核の傘の下にある日本政府も条約に賛同せず、核廃絶への道筋は見通せない。市民らは各地で犠牲者に祈りを捧げるとともに平和を願うさまざまな行事に参加し、「核なき世界」への思いを新たにした。

この記事は有料記事です。

残り2440文字(全文2637文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです