特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島原爆の日

「条約参加国を増やし核廃絶」 集会でNGO代表 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
核兵器禁止条約について解説するピースボート共同代表の川崎哲さん=広島市中区で、茶谷亮撮影
核兵器禁止条約について解説するピースボート共同代表の川崎哲さん=広島市中区で、茶谷亮撮影

 核廃絶について考える「8・6ヒロシマ国際対話集会」が6日、中区袋町の市まちづくり市民交流プラザであった。約140人が参加し、国連で先月採択された核兵器禁止条約などに関して議論を交わした。

 市民グループ「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」などが共催。条約に詳しい非政府組織(NGO)関係者やジャーナリス…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集