メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

日本語指導必要な子、急増 大阪、横浜の対応

果物の描かれたカードを差し出しながら女子生徒に日本語を指導する山田美佐子教諭=大阪市港区の市立市岡中学校で、岡崎英遠撮影

 <kyoiku no mado>

 全国の公立学校で、授業中の日本語を理解できない子どもが増えている。家族と来日した子どもや、日本で生まれても外国出身の親が日本語を教えられない家庭の子らだ。文部科学省の調査では、日本語指導が必要な児童生徒数は4万人を突破した。多くの自治体が対応を迫られる中、先進地の大阪、横浜両市の現場を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです