メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

大学×企業 食のコラボ続々

日本原産のかんきつ「ヤマトタチバナ」と、そのジャムを使った「たち花クッキー」を手にする高岡素子・神戸女学院大教授=神戸市中央区の「神戸風月堂」本店で

 大学が企業や自治体と提携して商品化した「コラボ商品」が増えている。中でも「食」の分野では、産学双方に利益をもたらす可能性が大きいとして新規参入が相次いでいる。

 ●双方利益に手応え

 日本原産のかんきつ「ヤマトタチバナ」のジャムを使ったクッキーは、見た目の愛らしさも魅力だ。「たち花クッキー」は、神戸女学院大(兵庫県西宮市)と老舗菓子メーカー「神戸風月堂」(神戸市)が共同開発し、5月に完成した。

 古事記にも登場するヤマトタチバナは、菓子のルーツとしての逸話が残る。現在は絶滅危惧種に指定され、食用に使われることはほとんどない。「かつての『不老長寿』の実を現代の菓子によみがえらせたい」。神戸風月堂の日崎隆広執行役員は、ヤマトタチバナの保存活動に関わり、科学的な裏付けを必要としていた。そこで出会ったのが、かんきつ類の機能性成分を研究していた神戸女学院大の高岡素子教授のゼミだった。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです