メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
はたらく

フリーランス編/下 支援の動き、始まったばかり

昨年11月、生後10カ月の長女を抱いてイベント会場に立つ平田麻莉さん。当時は保育所に入所できず、子連れで仕事に行くことが多かった=平田さん提供

 会社員に比べると、生活が不安定で公的制度の恩恵も少ないといわれるフリーランス。支援の動きも出てきたが、まだ始まったばかりだ。

 ●税務処理で苦労

 エンジニアの吉田優輝さん(24)は東京都内の企業の正社員を辞め、今年2月に独立した。契約で定めた一定時間内ほかの企業に常駐し、スマートフォンやタブレット端末のアプリを開発する仕事。ここ数年は平均して年収700万円前後だった。働き方や仕事の内容、収入は独立前と大きく変わらないが、引き受ける案件を自分で決められる。「この仕事は現場を知るのが第一。報酬が低くてもスキルを身につけるため受けることもある。(独立後は)交渉でコミュニケーションの力も問われやりがいがある」

 一方、不安や困難もある。妻は乳幼児2人の育児に追われており、自分がケガで働けない場合に備え一定の蓄…

この記事は有料記事です。

残り1700文字(全文2054文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです