メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・加藤登紀子

Tokiko’s Kiss 対談 加藤登紀子×野田秀樹 歌舞伎、新たな挑戦

 演劇家の野田秀樹さん(61)作・演出の歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」が9日、東京・歌舞伎座で開幕します。「劇団夢の遊眠社」時代に圧倒的な人気を誇った作品で、演劇ファン待望の舞台です。東大演劇研究会の先輩にあたる加藤登紀子さん(73)と熱く語り合いました。【構成・上東麻子、写真・渡部直樹】

舞台を歌舞伎に

加藤 「桜の森の満開の下」は坂口安吾の小説を野田さんが芝居にしたものがベース。今回、歌舞伎に置き換える時、何が大変でしたか?

野田 言葉ですね。歌舞伎は4作目で、もうこれぐらいは受け入れてもらえるだろうと思っていたら、やはり違う。稽古(けいこ)するうちに分かってもらえる部分もあるけど。最初は「この台本、全然わかんねえ」という反応でした(苦笑)。でも、当たり前ですよね。歌舞伎座で普段やっている演目とは全然違うわけだから。

この記事は有料記事です。

残り1689文字(全文2053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです