メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2016年の「うごく七夕まつり」。川原祭組、囃子の熱がピークを迎える夜の部

 今年も待ちに待った季節がやってきた。「七夕」と聞くと、多くの人が7月7日を思い浮かべるだろう。かつては私もその一人だった。あの東日本大震災が起きるまでは。

 縁あって通っている岩手県陸前高田市で出合った「うごく七夕」という祭りがある。旧暦の七夕である8月7日、各町内で見上げるほどの大きな山車に囃子(はやし)を乗せ、「よーい、よい」というかけ声と共に人々が練り歩く。街を離れた人でも、この日を目指し戻ってくる者が少なくない。

 2011年3月11日、市街地は壊滅的な被害を受けた。ほぼ全世帯が津波にのまれ、解散に追い込まれた町…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです