メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界陸上

ボルト劇場、3位で終幕 日本勢準決勝で敗退 男子100

 <2017 LONDON>

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は第2日の5日、ロンドン競技場で男子100メートル決勝があり、今大会限りで引退する世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)は9秒95で3位となり、この種目で最多の4度目の優勝はならなかった。12日の400メートルリレーがラストランとなる。ボルトは大会通算メダル獲得数が14個となり、男女を通じて歴代トップのマーリーン・オッティ(ジャマイカ)に並んだ。

 35歳のジャスティン・ガトリン(米国)が9秒92(向かい風0・8メートル)で、2005年のヘルシン…

この記事は有料記事です。

残り4481文字(全文4742文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです