メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

「核なき世界」いつ 禁止条約 市長、批准迫らず

原爆投下時刻に合わせて黙とうする人たち=広島市中区で2017年8月6日午前8時15分、山田尚弘撮影

 国連で核兵器禁止条約が採択されてから1カ月。広島市の松井一実市長は米英仏露など核保有国の代表も出席した6日の平和記念式典で、条約成立を高く評価する一方、日本政府に条約への批准を明確な表現では迫らなかった。安倍晋三首相もあいさつで条約に直接触れず、「核なき世界」の理想に向けて国際社会が大きな歩みを進めた今、被爆地・被爆国の発信力が改めて問われている。【平川哲也、小山美砂、茶谷亮】

 式典には、非核保有国、日本と同じく米国の「核の傘」に依存するカナダや韓国などの大使らも出席し、参列国は過去3番目に多い80カ国だった。松井市長は、「条約の採択で核兵器廃絶に向かう明確な決意が示された」とたたえた。

この記事は有料記事です。

残り1641文字(全文1939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです