メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

広島原爆の日・平和宣言 被爆地、問われる発信力 条約批准、国に迫らず

 国連で核兵器禁止条約が採択されてから1カ月。広島市の松井一実市長は米英仏露など核保有国の代表も出席した6日の平和記念式典で、条約成立を高く評価する一方、日本政府に条約への批准を明確な表現では迫らなかった。安倍晋三首相もあいさつで条約に直接触れず、「核なき世界」の理想に向けて国際社会が大きな歩みを進めた今、被爆地・被爆国の発信力が改めて問われている。

 式典には、条約の交渉を主導したオーストリアなどの非核保有国、日本と同じく米国の「核の傘」に依存するカナダや韓国などの大使らも出席し、参列国は過去3番目に多い80カ国だった。松井市長は核兵器の使用だけでなく、保有についても「人類全体に危険を及ぼすための巨額な費用投入にすぎない」と批判して核抑止論を全面否定し、「条約の採択で核兵器廃絶に向かう明確な決意が示された」とたたえた。

この記事は有料記事です。

残り2024文字(全文2388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  3. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです