メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寺山修司

ゆかりの三沢で市街劇 世界観を再現

「アノニマスからの逃亡-記憶列車」。米軍基地の専用線跡でネズミの面をかぶった男たちがトロッコを押していく=青森県三沢市で塚本弘毅撮影

 詩人で劇作家の寺山修司(1935~83年)の世界観を再現する「幻想市街劇『田園に死す』三沢篇(へん)」が6日、ゆかりの深い青森県三沢市の街中で上演された。寺山修司記念館の開館20周年記念を祝う特別公演で、三沢のために作られた新作。市街劇の上演は世界7都市目で、県内では1998年の青森市以来となった。

 市街劇は住宅地や田畑など市全体を劇空間とみなす試みで、この日の上演地点は市内60カ所を超えた。街中…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです