メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

元三段目・北斗龍、から揚げ店で第二の人生

大相撲を引退し、から揚げ店で修業に汗を流す元北斗龍の丸山さん=福岡市早良区で、佐野優撮影

 大相撲の今年の春場所を最後に引退した元三段目・北斗龍の丸山定裕(さだひろ)さん(46)が福岡市のから揚げ店で修業している。関取になる夢はかなわなかったが、元横綱・北の湖(故人)を長年ちゃんこ番などで支え部屋をもり立ててきた。「オヤジ(北の湖親方)に独立した姿をみてもらいたい」。料理の腕を生かして第二の人生を歩む。

 北海道出身で1986年春場所に初土俵を踏み、95年夏場所で自己最高位の三段目53枚目になった。2場所後に序二段に転落。その後、むち打ちで十分な稽古(けいこ)ができなくなり、北の湖親方や部屋のために役立ちたいとちゃんこ番に。30歳には糖尿病を発症したが、地方場所では宿舎の準備なども受け持った。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  3. 東京都内で新型コロナ感染者95人以上確認 1日あたり最多

  4. 「爆発的拡大回避しても瀬戸際続く」 首相の「長期戦覚悟」発言説明 菅官房長官会見詳報

  5. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです