メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マダニ感染症

過去最多の勢い 分布域、東日本へ拡大

SFTSウイルスが見つかったマダニの一種のフタトゲチマダニ=国立感染症研究所提供

 野山にいるマダニにかまれてうつる感染症の患者数が増えている。今年に入り、発熱が特徴の「日本紅斑熱」は100人を超え、過去最多だった昨年を上回る勢い。致死率の高い「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」も、7月下旬時点としてはこれまでで最も多い。夏休みで野外での活動が多くなる中、森や草むらに入る際には、肌の露出を減らすよう専門家は注意を呼び掛けている。

 日本紅斑熱はマダニにいる細菌の一種が原因で起きる。主な症状は発熱や発疹で、重症化した場合、手足が壊…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1038文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  2. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  3. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 富山の教諭 部活指導で過労死認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]