メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風5号

夕方にかけ近畿地方最接近 和歌山に上陸の恐れ

「運転休止」の案内板を撮影する男性=高松市浜ノ町のJR高松駅で2017年8月7日午前10時1分、小川和久撮影

 台風5号は7日午前から午後にかけて、四国や和歌山県などを暴風域に巻き込みながら、北東に進んだ。同日夕方までに近畿地方に最接近し、和歌山県に上陸する恐れがある。動きが遅いため大雨や強風の影響が長引く可能性があり、気象庁は土砂災害、河川の増水や氾濫、高波への警戒を呼びかけている。風雨の影響が帰宅ラッシュと重なると予想され、JR西日本などは警戒している。

 毎日新聞の集計(7日午後0時半時点)では、徳島県7389世帯1万4839人▽和歌山県34世帯56人▽香川県13世帯30人--の計7436世帯1万4925人に対し、避難勧告が出された。奈良県内でも十津川村や野迫川村で避難準備情報が出された。

 兵庫県姫路市では、自転車の男性(66)が風で転倒し、右脚に軽傷を負った。

 気象庁によると、台風5号は7日午前11時現在、徳島市近くの海上にあり、時速約20キロで北東へ進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から半径90キロが風速25メートル以上の暴風域となっている。

 午前11時40分現在の24時間降水量は、高知県馬路村351.5ミリ▽徳島県上勝町294.5ミリ▽愛媛県西条市200ミリ--など。同県新居浜市では、8月の観測史上最大となる83.5ミリ(午前11時40分まで)を観測した。最大瞬間風速は、高知県室戸市で午前11時10分に40メートル、和歌山県白浜町で午前11時39分に28.3メートルを記録した。

 各地方の8日正午までの24時間予想雨量は、多いところで近畿、東海400ミリ▽北陸300ミリ▽四国200ミリ▽中国150ミリ--となっている。

 交通機関にも乱れが出た。JR四国は、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋線を始発から運休とした。JR西日本によると、「くろしお」(京都-新宮)、「こうのとり」(新大阪-城崎温泉)、「はまかぜ」(大阪-鳥取)など各特急や、近畿地区の在来線の一部で運休。主な道路では瀬戸大橋が午前9時半から通行止めになった。空の便も関西国際、大阪(伊丹)両空港などで欠航が相次いだ。【山下貴史、千脇康平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]