メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天気

台風5号 和歌山県北部に上陸

「運転休止」の案内板を撮影する男性=高松市浜ノ町のJR高松駅で2017年8月7日午前10時1分、小川和久撮影

 台風5号は7日午後3時半ごろ、和歌山県北部に上陸した。動きが遅いため大雨や強風の影響が長引く可能性があり、気象庁は土砂災害、河川の増水や氾濫、高波への警戒を呼びかけている。風雨の影響が帰宅ラッシュと重なると予想され、JR西日本などは警戒している。

 毎日新聞の集計(7日午後0時半時点)では、徳島県7389世帯1万4839人▽和歌山県34世帯56人▽香川県13世帯30人--の計7436世帯1万4925人に対し、避難勧告が出された。奈良県内でも十津川村や野迫川村で避難準備情報が出された。

 兵庫県姫路市では、自転車の男性(66)が風で転倒し、右脚に軽傷を負った。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです