韓国

初の原爆資料館オープン 陜川「非核化の先頭に」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
在韓被爆者らが参席して行われた韓国初の原爆資料館開館式=韓国南東部陜川で6日、米村耕一撮影
在韓被爆者らが参席して行われた韓国初の原爆資料館開館式=韓国南東部陜川で6日、米村耕一撮影

 【陜川(ハプチョン)(韓国南部)で米村耕一】在韓被爆者が多く住むことから「韓国の広島」と呼ばれる韓国南東部・陜川で広島への原爆投下から72年となる6日、韓国初となる原爆資料館がオープンした。開館式典では、自らも家族に被爆者を持つという河敞喚(ハ・チャンファン)・陜川郡守(町長に相当)が「資料館を通して原爆被害を広く伝え、非核化と平和の先頭に立っていきたい」と述べた。

 広島や長崎では朝鮮半島出身者も数万人規模で被爆したとも言われ、韓国内の約2500人の被爆者のうち約600人が陜川に住む。原爆資料館の建設は、その存在が内外で十分に知られていないとの思いを持つ在韓被爆者やその2世、3世にとって念願だったという。7歳の時に広島市内で家族とともに被爆した陜川在住の尹小連(ユン・ソリョン)さん(79)は資料館の展示を見て「後世に被害の重さを伝えることができるということで…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集