メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩瀬最多登板

米田さん「時代の流れ」 40年前に大記録

プロ野球で949試合に登板した米田哲也さん=兵庫県芦屋市で2017年6月23日、藤田健志撮影

 プロ野球・中日の岩瀬仁紀投手(42)が6日、950試合目の登板を果たし、歴代最多記録を塗り替えた。阪急(現オリックス)などで活躍し、40年前に949試合登板の大記録を打ち立てた米田哲也さん(79)は「時代の流れ」と語る。

 米田さんは鳥取・境高を出て1956年、阪急に入団した。1年目から51試合に登板し9勝。2年目以降は19年連続で2桁勝利を挙げ、阪神、近鉄と渡り歩いて77年に引退した。22年間で歴代2位の350勝を挙げた。

 949試合のうち先発登板はプロ野球記録の626試合。自己管理と研究熱心な姿勢が、丈夫だったという体…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです