メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
岩瀬最多登板

米田さん「時代の流れ」 40年前に大記録

プロ野球で949試合に登板した米田哲也さん=兵庫県芦屋市で2017年6月23日、藤田健志撮影

 プロ野球・中日の岩瀬仁紀投手(42)が6日、950試合目の登板を果たし、歴代最多記録を塗り替えた。阪急(現オリックス)などで活躍し、40年前に949試合登板の大記録を打ち立てた米田哲也さん(79)は「時代の流れ」と語る。

 米田さんは鳥取・境高を出て1956年、阪急に入団した。1年目から51試合に登板し9勝。2年目以降は19年連続で2桁勝利を挙げ、阪神、近鉄と渡り歩いて77年に引退した。22年間で歴代2位の350勝を挙げた。

 949試合のうち先発登板はプロ野球記録の626試合。自己管理と研究熱心な姿勢が、丈夫だったという体…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文739文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです