メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

映画「北の桜守」撮影現場 理想の女性像投影 吉永小百合120本目の出演

取材に応じる左から篠原涼子、吉永小百合、堺雅人、滝田洋二郎監督=東京・大泉の東映東京撮影所で2017年5月14日、最上聡撮影

 吉永小百合120本目の出演映画、来年3月公開の「北の桜守」(滝田洋二郎監督)の撮影が先月終わった。「北の零年」「北のカナリアたち」に続く3部作の最終章との位置付けで、今作では厳しくも温かい愛情を息子に注ぐ母を演じる。東京での撮影現場を訪れた。

    ■   ■

 母がおにぎりを作り、息子が昔の味を思い出して大声を上げるというシーン。よくある三角形でなく丸形に握るとあり、吉永は家で150個ほど作り練習したという。「毎晩スタッフに食べてもらって。『おにぎり中毒』になるんじゃないかと。子どものころ、お汁粉屋さんになりたいと思っていたのですが、おにぎり屋さんもいいかなと思いました」と冗談めかすも、徹底した演技へのこだわりが垣間見えた。

 吉永演じる女性てつは、樺太(サハリン)で暮らしていたが、第二次大戦末期にソ連が侵攻。幼い息子たちを連れて北海道へ逃れ、戦後、貧しさと飢えに苦しみながら懸命に生きる。時を経て1971年、成長した息子・修二郎が米国で成功して帰国すると、年老いたてつの姿があり、一緒に暮らすことになる--という物語だ。2月に北海道・網走で撮影開始。東京の撮影所での撮影も交えつつ、北海道各地で撮影を行った。

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです