メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/2 ブックハウスカフェ(東京都千代田区) 絵本とお酒の共通点

 150店を超える古書店がひしめく東京・神保町。岩波書店や小学館をはじめ、出版社も多く集まる本の街だ。「ブックハウスカフェ」は、そんな一帯で神殿風の柱とガラス張りの正面がひときわ目を引く「北沢ビル」の1階に入る。神保町唯一の新刊児童書専門店として前身の「ブックハウス神保町」(2月閉店)の志を受け継ぎ、5月5日の「こどもの日」にオープンした。

 日中はコーヒーや紅茶、夕方からはお酒が楽しめるソファスペースを、約1万2000冊の絵本や児童書が囲む。『ひとまねこざる』や『タンタンの冒険』といった名作シリーズもあれば、『うきわねこ』や『しろくまのパンツ』など近年の話題作も。ヤングアダルト向けの書籍も充実、背表紙を眺めているだけで童心がよみがえる。

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです